クレアール 公務員試験のテキスト

クレアール 公務員試験テキストを詳しく解説

更新日:

クレアールではオリジナルの教材を使っています。ここでは、どういったテキストがあるのか紹介していきたいと思います。

クレアールのテキストの紹介!「コンプリートシリーズ」

クレアールでしか手に入らない、オリジナル教材があなたを合格に導きます。という触れ込みのオリジナル教材です。

こんなかんじ↓

テーマやポイントや重要な判例などを随所に散りばめていて、ミニマムチェックという練習問題を行うテキストで問題を解いていくと言うやり方です。

ちなみに、このテキストはあなたが履修する科目のものを送ってくれます。例えば、民法はいらない!というコースを選んでいれば、民法は送られてこないということです。

 

クレアールのテキストの紹介!過去問題集「過去問フォーカスシリーズ」

そしてテキストで勉強した後は過去問を解いていくという流れになります。

過去問はこんなかんじ↓

公務員試験の攻略の鍵というのは、講義で身につけた知識をいかに実践で発揮できるかということにかかっています。

つまり、実際に出題された問題を何度も解くことで、実践練習につなげます。

クレアールで使う過去問過去問は、過去問フォーカスシリーズという名前の問題集です。

活用の方法としては、講義をどれだけ理解できたのかチェックのために使ういます。

また、試験の直前にどれだけ自分の実力をアップさせるための、追い込みのためにも使えます。

テキストを解いた後には、必ずこの過去問を解くようにしましょう。

クレアールのテキストと過去問はPDFデータがある

クレアールのテキストと過去問はPDF形式のデータにして保存することができます。

これらすべてをまとめてデータで持ち運び可能↓

このおかげで、問題やテキストの内容を持ち運んで、スマホやタブレットなどでいつでもどこでも勉強することが可能です。

これが本当に便利で、冊子だと重かったりするんですがデータとしてなら重さを気にせず全部のテキストを持ち運びすることができます。

どんな場所でもスキマ時間があれば勉強することができるのは、とてもありがたいです!

 

テキストや過去問以外の資料

実は、テキストや過去問以外にも資料があります。

クレアールは、多くの参考資料も配布してくれるため、予備校にくらべて情報が不足しがちな通信講座の弱点を見事に補ってくれています。

たとえば以下のような講義資料です↓

  • 論文試験対策
  • 過去問に関する詳しい解説書
  • 面接で使える自己分析シート
  • 専門記述対策
  • 適性試験対策講座
  • ライティング課題

など、多岐に渡ります。

テキスト+過去問+講義資料を組み合わせることで、不足のない公務員試験対策を進めることができます。

学習の進め方

まず、「テキスト」や「講義資料」を見ながら「映像講義」を受講します。

そして、学習したテーマについては「過去問フォーカス」や「Webテスト」を使って理解度チェックをして、実戦力を養っていきます。

イメージはこんな感じです↓

以上のように、クレアールは多段階に分かれて1つの科目を学習していきますので、抜けや漏れがないようみっちり対策を進めることが可能です。

さらに詳しい受講内容についてはパンフレットに書かれています。

そのため、まずはパンフレットを取り寄せて、じっくり検討するところから始めてみましょう。※公式ウェブサイトでは『資料請求』と呼ばれています。

おすすめ通信講座比較

クレアール以外の予備校の通信講座とも比較したのが以下の記事です。ぜひ併せてご覧ください。

公務員試験のオススメ通信講座!口コミ 料金 評判まとめ

無料の資料請求はこちらからどうぞ

-クレアール 公務員試験のテキスト

Copyright© 公務員試験の予備校・通信講座のクレアール徹底解説サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.